スティル|News & Blog

011年1月

薄毛の仕組みが徐々に解明

2011年 01月 27日 | お仕事

体質な薄毛は細胞が足りないのではなく、その細胞が次の段階に変化できない事が原因であることが突き止められたそうです。
髪が生えるには、頭皮にある 幹細胞が別の 前駆細胞に変わり、それが 毛母細胞 角化細胞などに変化して毛髪になっていくそうです。
薄毛部分と髪が普通に生えている部分を比べたところ、幹細胞の数はほとんど同じなのに対し、前駆細胞の数は10分の1に減っていたようです。
前駆細胞ができれば毛母細胞などに次々に変化することができる。このことより、幹細胞から前駆細胞への変化が妨げられた事が薄毛の
根本的な原因であるという結論をだしたとの事です。

コメントは受け付けていません。

静電気

2011年 01月 20日 | お仕事

年明けから雨がふらずとても空気が乾燥した日が続き髪のトラブルの1つである静電気が発生しやすい状況になってきました。
髪の静電気もほとんどは髪ではなく別の場所で起電されているようです。冬場の洋服は起電しやすい生地がおおいようです。
電気は狭いところや細くて長いところに逃げていく性質があるようで指先や髪の毛に帯電しやすいようです。
髪の静電気はプラスに帯電していますので、髪の毛どうしが+と+で反発して広がります。
皮膚は-なので +に帯電した髪の毛は顔などにまとわりつきます。
原因は空気の乾燥もそうですが、髪の水分やタンパクなどの栄養分の少なさも影響してきます。
ドライヤーを使う前に洗い流さないトリートメントなどで栄養補給をしてあげる事で緩和します。
ブラッシングする時もすこし湿り気をもたせてから行ったり、くしやブラシも石油を使用したプラスチックやナイロン製
のものではなく、つげ櫛などの木製のタイプや豚毛、猪毛などの天然100%のタイプの物が静電気を起こしにくいようです。
理論的には+の帯電なのでマイナスイオンドライヤーの使用で電気的には中和される事になりますが、これに関しては
効果の感じ方に個人差がかなりあるようです。
保湿とブラシを通す時に気をつける事で結構防ぐ事ができるようです。
健康な髪の表面には天然の油性の被膜があります。この被膜は電気が逃げていく効果もあるようです。
ダメージを受けて乾燥した髪の方は表面にトリートメントなどで被膜をつくってあげる事も重要です。
STILLでも来月位から、新しいトリートメントを2種増やす予定です。
気持ちの良い手触り感重視と内部の補修力強化の2タイプをテスト中です。
又お伝えします。

コメントは受け付けていません。

ハンドクリーム 欠品中です

2011年 01月 16日 | ちょっと一息

すみません。ハンドクリームが欠品でご迷惑をおかけしました。
思った以上に好評で・・・と言い訳ですが。
本当に良い使用感のようです。私はあまり手荒れをしない方なので多くのハンドクリームを
試したことがないので正直な所違いが説明できないのですが
手の乾燥などのトラブルをもっているお客様から評価頂いているので
きっととても良い商品なんだと思っています。
もちろん内容成分がしっかりしたものなので大丈夫だとは思っていましたが。

コメントは受け付けていません。

あけましておめでとうございます

2011年 01月 12日 | ちょっと一息

寒い日がつづきますが、皆さま体調はくずされてないですか?
又1年始まりましたね。今年もよろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。